なにか、いいこと Somethingood みとの日記

日々考えたことを綴っています。

「令和」以外の案を調べ上げて報道するマスコミに強い憤りを感じる

そもそも、新元号が発表される前に、どういう手順でどうやって決まるみたいな報道をしているのも、どうかなと思っていたんです。
だって、我々のような庶民には関係ない話ですもん。
庶民は、そんなこと知ったって別に何もできないし、新元号をありがたくいただく立場にあるわけです。
 
まあでもそれはいいでしょう。興味のある人もいるかもしれないので。
予想したりするのは楽しいしね。
 
そして発表された「令和」。
私は「なんて非の打ち所のない、すばらしい元号を選択してくれたのだろう」と感動し、なぜかうるっときてしまいました。(
なぜ涙…と我ながら思いましたが。)
 
しかし。
政府が公表しない、「令和」以外の案を取材で調べ上げて報道するって、ほんとどうなのよ。
漏らしたのは有識者なのか閣僚なのか。リークはほんとやめてほしいし、報道もやめてほしい。
 
報道といっても、「令和」にゆかりのある太宰府を取材するとかはわかるんですよ。
ゴールデンボンバーが新元号発表当日に「令和」って曲出したのも、なんか前向きで(前のめりで?)楽しいと思う。
 
でも、「令和」以外にどんな案があったかって…
知ってどうするわけよ?
 
官房長官も言っていました。
「令和」に決まったんだから、この元号が唯一無二の元号であり、これにのみ国民は親しめばよいのであって、
他にどんなのがあったかとか、どういう経緯で比較して選ばれたかとか、そういうことを伝えるのは不適切であると。(超意訳ですけど)

まったくもってそのとおりだと思うわけです。
 
なんだろうな、私にしては珍しく、マスコミなんてクズだ!!と思ってしまいました。
もうテレビなんか見るもんか!とも思いましたね。がっかりです。