なにか、いいこと Somethingood みとの日記

日々考えたことを綴っています。

食洗機が自分にはまらなかった理由。

前に、食洗機を持っていましたが、全く活用できていませんでした。
昨年引っ越しをしたときに、置く場所がなくなったこともあって廃棄しました。


私が、食洗機を活用できなかった理由について考察します。

 

1.食洗機の性能に満足できなかった
私の持っていたのは、象印の「ミニでか食洗機」でしたが、
洗い上がりに不満を感じることが多くありました。
皿の形状が悪かったのかもしれませんが・・・
そのため、食洗機で洗ったものをまたさらに洗い直すという手間がありました。

 

2.入らない皿が多かった
うちの皿と、この食洗機との相性が悪かったのか、入らないものが多くありました。
また、水が溜まってしまってうまく洗えない形状のものも多くありました。
そうすると、入れられるものがそもそも少ないので、そのために食洗機を回すのも…という感じになりました。
記憶が定かではないのですが、象印の「ミニでか食洗機」には、皿を入れるかごの形状が、皿に合わせて動かせるものと動かせないものがあったような気がしまして、
動かせるほうが高かったので、安いほうの動かせない方を買ったのです。
それが悪かったのかもしれません。

 

3.皿を片付けるのがめんどくさかった・片付ける習慣がなかった
これは、そもそもの私の家事行動の問題なのですが…
皿を、水切りかご又は食洗機から片付ける、という作業がものすごくめんどくさいことだと思っていたのです。
(今もそうですが、前よりはましになりました・・・)
なので、洗い上がった皿を食洗機からどける作業が、ものすごくおっくうで、そのためなかなかやらなくて、
洗い上がったものがある状態で、その上に手洗いした食器を載せる、ということを平気でやっていたのです…


これらの要因が相まって、食洗機はだんだん使われなくなり、
ただの水切りかごと化していたのでした…

 

よく、食洗機に全部皿洗いを任せる、水切りかごは使っていない方もいらっしゃるかと思うのですが、
そのためには、
・ちゃんと自分の家の皿が入る、大容量できれいに洗える食洗機を使う
・ちゃんと洗った皿を片付ける習慣をつける
が必要だなと思いました。

 

どの食洗機なら自分が満足するかっていうのは買ってみないとわからないので難しい…
でも、皿を片付ける習慣は身につけるべきだった…と思います。

最近はこの、皿を片付ける習慣を身につけるべくがんばっています。