なにか、いいこと Somethingood みとの日記

日々考えたことを綴っています。

通水検査が痛くなかった話。案ずるより、産むが易し!

 この記事の続きです。

somethingood.hatenadiary.jp

 

いえ、大したことではないのですが。

 

「私は」、通水検査、全然痛くなかったんです!

20cc入れたんだそうですが、

なんかちょっと水の流れる感じがありましたけど、その他は特に何もなく、全然大丈夫でした!!!

よかった、ほんとに・・・

 

途中、看護師さんが心配そうに

「生理痛みたいな感じの重たい痛みがあるかもしれません」

「痛かったら遠慮なく言ってくださいね」

などなど声をかけてくださいました。

なので、痛い方はやっぱり痛いんだろうな・・・

 

ただ、「通水検査 痛くない」とかって検索している方いると思うのです。

というか私もめっちゃ検索してました・・・

 で、やっぱり目立つのが「すっごい痛かった!」という声・・・

多分、全然痛くなかった人はわざわざネット上に意見を書き込んだりしないから、というのもあるのだと思います。

 

でも、検索してもしなくても、やってみなければ、自分が痛いかどうかはわからない。

痛い人もいる。

痛くない人もいる。

 

だから、命までは取られないのだから、

やると決めたらならばもう、やってみましょう!

と、たまーたまここにたどりついちゃった、通水検査を前にしている方には伝えたい。

 

もちろん、私が軽く終わったから言えることなのかもしれないけど。そうだけど。

軽く終わることもあるよ!という意見をネットの片隅に置いておきたい、ということもありますし、

あと、調べて調べて不安ばっかりあおったって、結果は変わらないと思うのです。

 

昔、妊娠してるときに、

「お産 痛い」とか

「つわり いつまで」とか

めっちゃ検索してました。

でも、ある程度は情報収集して心の準備をしておくために必要だけど、

結局は「時間が経たないとわからない」なあと思いました。

安産の人は安産、難産になる人は難産。

つわりが軽い人は軽い、重い人は重くてめっちゃ長引く。

 

そして、たいていネットになにか足跡を残す人は、

大変な経験をしてる人ばっかりで、

安産の人、つわりが軽かった人は、わざわざ書き込まないんだよね・・・

そしてさらに自分の不安があおられていくのです・・・

 

案ずるより、産むが易し、です!