なにか、いいこと Somethingood みとの日記

日々考えたことを綴っています。

私は、失敗して恥をかくことが、心からこわい

 ちょっとブログの記事を整理していました。

私がブログを始めたのは2月のことのようでした。

きっかけは、ナリ心理学だったとか・・・もうちっとも見てないけど(笑)

 

代わりにと言ってはなんなのだが、最近は4nessコーピングにお世話になっている。

 

未処理の感情に気付けば、問題の8割は解決する

未処理の感情に気付けば、問題の8割は解決する

 

 

 

マンガでわかる 仕事もプライベートもうまくいく 感情のしくみ

マンガでわかる 仕事もプライベートもうまくいく 感情のしくみ

 

 

4nessコーピングで最近、私は、うすうすは知っていたけど、涙流して「そうだったんだ!!」って気づいたことがある。

 

私は、何かに挑戦して失敗して恥をかくのが、本当にこわいと思っているということ。

 

記事を整理していて、こういう記事が出てきたけど、今となってはそれは違っていたと思う。

somethingood.hatenadiary.jp

 

周りはとても優秀で

(そう思い込んでいただけ、自分には無いものを見ていただけかもしれないけど)、

それでもみんな壁にぶち当たりながら頑張って働いてるのに、

自分は壁にぶち当たる姿を見られたくなくて、

それで、全力疾走(?)で資格取得→転職に逃げてしまったのだと。

うすうすは知っていたけど、それをしっかりと理解した。涙流しながら!(笑)

 

でも、こわかったんだ、仕方ないとも思う。

それだけ私にとっては、逃げることが大事だったんだと。

恥をかかないということが、私にとっては、とてもとても大事なことだったんだと。

そう思います。

 

次は、

恥をかいてでも挑戦することをとるか?

それとも変わらず、恥をかかないために挑戦しないことをとるか?

という選択になってくる。

 

「選択できる」という自由が私には与えられた。

それが、嬉しい。