なにか、いいこと Somethingood みとの日記

日々考えたことを綴っています。

「潤うからだ」を読んでやってみたこと。大事なのは清潔と保湿。

このお二方のブログを読んだのをきっかけに、「潤うからだ」を読んでみました。

 

minimote.hateblo.jp

mikikotherapy.hatenadiary.jp

 

潤うからだ (美人開花シリーズ)

潤うからだ (美人開花シリーズ)

 

 

なんで読んでみようかと思ったかというと、女性のデリケートゾーンについては無知であるという意識があったからです。(無知の知?)

 

娘が産まれた時、

陰部をどの程度洗ったり拭いたりしてきれいにしてあげたらいいのかわからなくて、

私の母(娘のおばあちゃん)に聞いたら、

「あんまりさわらないほうがいいんじゃないの?」

って言われたので、そうしておりました。

しかしある日、母乳外来で産婦人科に行って、自分を見てもらっている間に助産師さんに娘を預かってもらったのですが、

その間にオムツ替えをしてもらって、

その時に、

「白いカスがたまって臭くなっていましたよ!」

と怒られ、

そうか、ちゃんときれいにせねばならんのか・・・と反省したことがある。

私の無知もさながら、私の母も無知だったということで、

このあたりはちゃんと教育されていないなという実感がある。

 

女性のデリケートゾーンについては、

「無駄に」卑猥にとらえる、又は「無駄に」神聖な物としてとらえているため、

なんにせよあまり語られない・・・と思います。

もっとニュートラルに取り扱ったらどうか。

セクシャルな部分はちょっとためらうかもしれないけど、

生理学的な側面については、もっとニュートラルでいいのに。

 

そんなこんなで読みました。

要するに大事なのは

・清潔

・保湿

でした。

 

・清潔

については、自分が思っていたよりも入念に洗っていいということが分かりました。

 

・保湿

については、そんなことしていいの!?って思ってました。

なんか、なんも塗っちゃいかんような感じがしていました。

でも、考えてみれば、体の他の部分で例えれば「唇」なわけで、

リップクリームというものが存在するように、

唇のような薄い皮膚でできている部分は、リップクリームに値するような保湿剤で、ちゃんとケアしてあげんといかんのだなあと反省しました。

下着が水気を吸ってしまうので、けっこう乾燥しているみたいです。確かに!

 

清潔も保湿も、専用のものを使うようにとありましたが、

すぐに手元にはなかったので、

お風呂のときにお湯で洗い、

そのあと、なんも塗らんよりはいいだろうとベビーワセリンを塗ってみました。

そうしたとこころ・・・

 

・・・むずがゆかったのが、止まった・・・!

実はこのときまで、「むずがゆかった」という意識すらありませんでした。

それがデフォルトだったから。

そうか、この状態は普通じゃないんだ、もっとちゃんとケアしないといけないんだなということがわかりました。

 

あと、ケアするに当たって、どう考えても毛が長すぎる。アプローチしにくい。

なので、とりあえず短くしてみました。

結果、いろいろ快適になりました。

脱毛まではちょっと難しいですが、ちょこまか切ってメンテナンスしていこうと思いました。

 

本に書いてあること全部を実践するのは難しいかなー、とか、

そこまでしなくてもいいかなー、と思うようなところもありましたが、

ベストなものが何かを知れたのがよかったです。

自分にとってのベストを探して実践していきたいです。

 

しかし、知識って大事。

堀井みきさん、ミキコさん、ありがとうございました。