なにか、いいこと Somethingood みとの日記

日々考えたことを綴っています。

こどもとおもらしと生産性について

こどもがこぼしたものとか、おもらしとかを片付けてる時。

「あああ、こういうのって生産性が低いよなあ・・・」ってふと思ったのです。

 

でも、

こどもがなにかこぼしたり、おもらししたときに、

なんでそんなことするんだろう、

さっきトイレ行ったら?って言ったのに!!

ああ片付けが面倒だ、と思って、

そのいらだちを

「なんでそんなことすんのよ!このばかたれが!」

と子どもに怒鳴ってしまったとき。

 

ん?

この怒鳴るっていう行為って、それこそ何も生み出さないよな。

片付けは、マイナスをゼロに戻すという生産をしてるけど、

怒鳴るって、子どもも萎縮して自分にもいい影響なくて、

むしろさらにマイナスを深めていく行為だから、

生産性的に言えば最悪なんじゃあ。。。

 

と、怒鳴ったあとに思ったのです。

 

怒鳴るの、やめよう。

 

でも、どうしたら怒鳴らなくて済むんだろう。

なんで怒鳴ってしまうって言えば、こぼしたりおもらししたりって行為をやめてほしいからなんだよね。

怒鳴れば、その逼迫さがわかってもらえる?と思ってるせいもある。

 

やさしく言い聞かせる?(そんなんでわかってくれるのかな)

ちゃんとトイレに促す?(でもなかなか行ってくれないんだよな)

 

どれもテクニックだけど、でもこどもって自分じゃないんだから、

こどもに何かを、私の意のままに思わせたりできるわけじゃないんだよな。

 

・・・やっぱ、諦めるのがいちばんいいのかも?