なにか、いいこと somethingoodの日記

日々考えたことを綴っています。

結婚式に呼ばれるの迷惑、3万円高っ、と思う私の感覚は、そうおかしくはないらしい。

先日、結構長いこと会ってない(多分5年くらいは)友人から、結婚するから結婚式に出てもらえないかという招待を受けた。

 

・・・

とてもおめでたいことだし、祝いたい気持ちはやまやまなのだけれども、

もう正直なところ、1日潰して、その上に3万円払いたくない、と思った私は、

理由をつけて欠席の旨お答えしたのでした。

 

私は若い頃から結婚式は「体のいいカツアゲ」だと思っており、

世の中でも「明るいカツアゲ」とか言われているみたいですね。

 

若い頃、というか独身の頃は、結婚したかったので、

私のこの「結婚式に3万も払いたくない」感覚は、単なる妬みかと思っていた。

 

しかし、既婚の今になっても、やっぱり「結婚式に3万も払いたくない」である。

 

それで先週、バブル期の結婚式は派手だったというようなテレビ番組をやっていて、

その時はなにも思わなかったんだけど、ふと今日思った。

3万って、なんていうか景気のいいときの名残なだけなんじゃない??

 

ということで、「ご祝儀 いつから3万円」とぐぐってみたところ、

いろいろと面白い記事が見つかりました。

やっぱり、3万円って高すぎるよね、という意見が見られます。

この記事とか好きです。

make-from-scratch.com

 

何が正しいか正しくないのかって、やっぱり時代によって変わる。

私は、ご祝儀あげたくないなんて、自分の器が小さいのかと思ってたけど、

多分バブル期の人ほど稼いでないから(笑)、そう思うのははっきりいって当然。

 

なんか、ちょっとすっきりしました。

 

でも、だからといって呼んでくださった方に「ご祝儀高すぎるから行きません、手ぶらなら行きますが?」とかまでは言えない、そういう意味ではやっぱり器の小さい私でした。

 

結論:結婚式は会費制にしよう。

注:なお、私は結婚式は家族・親戚のみ、披露宴は2次会的なものを会費制でやりました。