なにか、いいこと somethingoodの日記

日々考えたことを綴っています。

人に会いに行くチャレンジ第2弾:本の著者(城ノ石ゆかりさん)に会いに行く!「考えるな、感じろ」と言われた。

 人に会いに行くチャレンジ第1弾は以下の記事。

somethingood.hatenadiary.jp

 

実は、この第2弾のほうが時系列的には先なんですが、記事は後になってしまいました。

 

この本を買って、読んだところ、非常にいい考え方だなという感想を持ちました。 

未処理の感情に気付けば、問題の8割は解決する

未処理の感情に気付けば、問題の8割は解決する

 

 

 その読みさしのところで書いたのがこの記事です。これから面白くなってくるかも…!という期待が書かれています。

somethingood.hatenadiary.jp

 

その後、読みまして。

これはいい、と思いました。

この本は、感情のしくみ・未処理の感情について解説した本です。

以下のサイトに詳しいかと思うのですが・・・

4ness.com

 

A:出来事

によって、

C:感情、行動

が直結して引き起こされていると普通は信じているけれども、

その間には

B:信念、信条

が介在していて、

そのBがどのようなものなのかによって、

それによって引き起こされるCが違う

 

というのが基本的な考え方。

例えば、

A:友達からメールの返事が来ない

ときに、

B:が、「返事するのは当然でしょ?」だったら、

C:は「1日イライラして過ごす」になるし、

B:が「忙しいのかなあ」だったら、

C:は「気にせず普通に過ごす」になる。

という感じです。

 

それで、Cであるところの実際の現実が、望まないものである場合は、

それを引き起こしているBはなんだろう、って、自分の持っているBを見つけていき、それを緩めていくと、

その望まない現実が、望む現実に変わっていきますよ、というお話なのです。

 

どこかで聞いたような話な気もするし、話としては「なるほどなー」って感じだと思うのです、正直。

でも、じゃあ自分がどうやったらいいのか?というところになると・・・

皆目わからん。

 

ということで、4nessコーピングのサイトを調べたら、

なんと著者の城ノ石ゆかりさんが、単発の講座をなさるということがわかり・・・

 

行ってみたのです!

 

そして、やっぱり・・・

行ってよかった!のであります。

やっぱりですね、本やネットでその人が書いたものを読むことで伝わるものと、

その方が実際にお話されたものを実際にその場で聞くことで伝わるものって、

ちょっと違ってくると思うんです。

ゆかりさんの、けっこうざっくばらんな雰囲気も素敵で。

 

さらに言えば、その場に集まった方々や、その「場」も素敵だった。

この後、マンガも買ったのですが、

自分のBを見つけたい、自分の人生なんとかしたい、っていう方々が集まって、

自分を分析したり、他の方の話を聞いて自分が気付かされたり、という「場」が形成されて、それが学びを促進させるようです。

「場」が素敵とか、実際行ってみないとわかんないですからね。

ゆかりさんも素敵でしたが、多分他の講師の方の講座も素敵なんじゃないかなと思いました。

なにせみなさん、ゆかりさんに惹かれてきた方々なのだと思うので。

 

マンガでわかる 仕事もプライベートもうまくいく 感情のしくみ

マンガでわかる 仕事もプライベートもうまくいく 感情のしくみ

 

 

さらに、講座のあとに懇親会があって、ゆかりさん始め参加者の方々と飲みに行き、

これが、日頃家と会社という世界でしか生きてない私には、とても楽しかった。

 

そこでゆかりさんに言われたこと。

「考えるな、感じろ」です!!(笑)

 

実際に私を見て、私の話を聞いて出てきたお言葉なので、そうなんだろうなと思います!

考え過ぎで、自分の好きなこととか自分が求めてることとかがわからない状態になっている、と看破されたようです。

 

というわけで、「考えるな、感じろ」。

最近の私のテーマなのであります。

 

4nessコーピングの講座には、参加したいなと思ったのですが、

やっぱり平日夜に定期的に家を開ける(具体的には、保育園のお迎えとその後の仕事を夫にやってもらう)というのはなかなか難しい感じで、

通信講座をやってみようかなあ・・・と思っているところです。