なにか、いいこと somethingoodの日記

日々考えたことを綴っています。

英語が話せるようになりたい!でもそのために必要な努力が途方もないので英語学習に踏み切れない。「英語力はメンタルで決まる」西田大

題名のまんまの、ただの愚痴なんですけどね。

 

私は仕事で英語を使っています。

が。

日本語を英語に翻訳することと、

英語でクライアントとメール・文書でやりとりすることが、メインの仕事です。

 

つまり、全て「読み書き」。

「聞く」「話す」の能力は一切使用しておりません。

 

対して、同じ会社にいながらも、英語を話す能力に長けた方々がたくさんいます。

何がうらやましいって、

「外国人が来る」

という事態に、緊張したりすることなく、

ごくごく普通のこととしてその状況をとらえ、自然に対応ができること。

 

本当に、すばらしいなあ、かっこいいなあ、って思います。

そして、あわよくば自分もそうなりたい。

 

しかし。

読み書きと、会話というのは別の能力。私にはその能力を身につける必要があります。

なお、私は帰国子女でもなんでもありません。完全に日本人。

 

そんなとき私は、「英語学習のための本」を読んでしまいます汗

今読んでいるのはこれ。

 

英語力はメンタルで決まる?自分が変わる英語学習のコツ26
 

 まだ読みかけですが、大変まっとうな事が書いてあります。

・英語は簡単に上達しない。魔法みたいな方法はない。

・英語習得は頭の良さとは関係ない。やればできる。

・やればできるが、相当な努力(特に質よりも時間)が必要。

 

これを読んで…

やっぱり、今の自分には無理かなあって思うわけです。

英語が話せたら、いいなーー…

なんていう、やわらかいほんわりとした憧れだけがモチベーションなのだから。

 

TOEICを受けまくって、常に「テスト前」の状態にしておけ!というアドバイスがありました。

これはモチベーション維持のために、とても効果的な方法だと思います。

 

が…

常にテスト前って、しんどい…(笑)

私は2年前にファイナンシャルプランナー3級を受けたのですが、

そのテスト勉強が本当にしんどかった。

いや、内容はそんなに難しくはなかったんですが、「試験がある!」というその状況がしんどかった。

あれを日常的にやる気がしない。。

 

さらにさらに。

私はそもそも、そんなに「会話」が得意ではない。

日本語ですら、けっこう頭のなかで考えに考えたうえで発言している。日常的に。

ということは、不自由な英語だったら、、

ちっとも出てこないわけですよ、発話が!

さらに、「まあ、いうほどのことでもないか」とか思ってしまう。

こんなやつの英会話力が、簡単に向上するわけがない!

 

ああ、でもなあ、必要なときに、自分の言いたいことを、英語で正確に伝えられるようになりたいんだよなあ。。

 

アウトプットは、会話だけではないのだから、

せめて、自分の言いたいことがすらすら「書ける」ように、

英作文とか、日記とか、いやむしろブログとか?やってみようかなあ。

それですらすら文章を頭の中で作れるなら、会話もきっとできるようになるはず(文章が作れないよりは)。

 

うーん…

 

 

こんなことを考える時期が、わりと周期的に来ます。

さあ、今回はどうなる?