ナリ心理学に翻弄されてしまったここ最近。

ナリ心理学が好きなのではありますが。

k-nali.hatenablog.com

なんか最近、ブログ読みすぎて逆に、しんどくなってきたのだった。

 

ナリ心理学って、まとめると、

 

「たいていの問題は人の目を気にしていることから生じている」

「自分を大事にすると、自分を大事にしてくれる世界に変わる」

「人生は楽しく生きるのがいいよね。」

 

ということだと私は思っている。

 

それで、

「たいていの問題は人の目を気にしていることから生じている」

ということの引き合いによく出されるのが、

 

「やりたいことやりたい」「仕事辞めたい」とかって、結局かっこ悪い自分を人に見られるのが嫌で、挑戦したくないから自分がひねくりだしている「嘘」なのだ

 

という論旨なのだけれども。

 

私、仕事辞めたいんですよね。

その理由もまあ、あるんだけど、でも上のようなことを知識として知っていると、本当にこれは私の願望なのだろうか?何かから逃げているんじゃないだろうか?って思ってしまうわけです。

 

んで、自分の心の中を観察してみるに、

A 確かに逃げから出てきている仕事辞めたい理由

B 逃げじゃなくて、本当に理由があって仕事辞めたい理由

が混在してあると思ったのです。

それで、ナリ心理学の上のような知識は、「A」に気づくにはとても有効なんですけど、

そのスタンスでいると、自分の中の「B」を、無視するというか、なかったことにするというか、なんかそれも間違ってんじゃないの?って疑ったりしてしまう。

自分の中の、大切にすべき声だというのに…

 

なんか、ナリ心理学のブログ、真面目に読みすぎたわ私w

だいたいあのブログ、そんな真面目に読むもんでもないだろうにww

 

と、やっと思えてすっきりしたのであった。

ちょっとナリ心理学と距離を置こう。

過ぎたるは及ばざるが如し。

 

春にもなったし、ちょっとほんわり生きてみよう。