読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくないよ!っていう自分の本音に気づいた!!びっくり!!

自分の人生を振り返っていた。

 

大学院時代、うすうす研究が嫌いだなと思いつつも、研究職のほうが圧倒的に有利だったので研究職で就活。無事採用。

 

入った会社ではばりばり基礎研究の分野に入れられる。やっぱり向いてないし、会社で楽しそうに仕事してる人があまりいないように思われて、やる気をなくす。

そのうち開発に異動になり、ここではまあなんとかやっていけるも、新商品の開発!とかなってくると、そんな商品だれもいらんやろとか思ってしまってモチベーションがあがらない。

 

そんなわけで、会社で「偉くなりたい」か「仕事が好き」かどっちかないとしんどいとおもって、どっちもなかった私は、会社を辞めることにした。

 

今度は資格を活かした仕事。

○○会社勤務、じゃなくて、「私は○○(職業名)です」って言えるほうがいいなと思って。企業の総合職じゃなくて、手に職をつけたいと思った。

そして、その仕事で一生細々、淡々と、粛々と、働いていこうと思った。

 

でも、子どもがいて、仕事量の調整がしんどくて、

今はやりの(?)在宅勤務もできなくて。

 

それで、歩合制で収入はらはらするけど、在宅勤務ができて子育てに優しいところに転職した。

 

で、今に至る。

そして、働くには理想的な環境になったものの、

どうも仕事のあら捜しばっかりしてしまって(そもそもこんな仕事社会のためになってないよ、とか。勉強したってし尽くせないからやる気起きんなー、とか。)。

 

そんで、ふと気づいた。

ここまで書いてきたすべてのこと、全部全部、嘘なんじゃないか…?

 

私、仕事したくない理由を、

仕事が向いてない、

楽しそうじゃない、

こんな仕事意味がない、

っていろいろ考えていたけど。

結局、単に「仕事したくない」んじゃあないのっ!?

 

そうかも。

でも、仕事しないなんて許されないから(そうでもないんじゃないの?ってこれから気づいていこうとおもうけど)、だから仕事しなくてもいい理由を探してたんだ。

 

ということが腑に落ちた。

すごい、私。

 

なんて、嘘ばっかりで固めてたのかしら。。

そして、なんでそれに気づけなかった&今気づいたのかしら。。

 

ちなみに、「働きたくない」で検索すると、こういうサイトにあたった。

この人、深い…時間をとってあとからたくさん読もう。なんか元気出て来る。

絶対に働きたくないブログ - アフィリエイト収入で生活している作者が、コーチング理論を通じて、働きたくない気持ちと徹底的に向き合うブログ。

 

あと、昔からAI理論さんが大好きです。

すごい読んでたのに、なんか自分が心の底から働きたくないっていうのは気づけなかったんだよなあ。。

okite.hatenadiary.jp