なにか、いいこと somethingoodの日記

日々考えたことを綴っています。

結局、自分にできることをやるしかない。それが周りの、世界の、宇宙のためになる。「Dr.MITSUYA 世界初のエイズ治療薬を発見した男」という番組を観て考えた。

かなり前に撮りだめしてあった、「Dr.MITSUYA 世界初のエイズ治療薬を発見した男」というNHKの番組を観ました。 

www.kumamoto-u.ac.jp

 

私はこの満屋裕明さんという方を知らなかったのですが、かなりすごい方です。タイトルにもあるように、世界初のエイズ治療薬を発見した方です。

matome.naver.jp

 

エイズというのは、一昔前までは治療法もわからず、どの程度の感染力なのかもわからず、発症したら確実に死に至る病でした。

そんなエイズの原因となるエイズウイルスを使ってこの方は研究をすることになったわけですが、エイズウイルスの感染力が未知な時代、エイズの研究をするということは、自分の命をかけるに等しい行為でした。

 

そんななか、巡り合わせでエイズの研究をしてくれないかとボスに言われた満屋さんは、たしかに怖いけど、置かれた状況、バックグラウンド等考えると、確かに自分が適任だ。自分がやらずに誰がやる?という意気込みで研究に取り組んだそうです。

 

この方、相当優秀な方です。さらにいろいろな巡り合わせが功を奏して、世界初のエイズ治療薬を見つけるに至るわけですけど…

 

なんかね、この方はその優秀な頭脳を使って周りに貢献したわけですけど、

ご本人もおっしゃっているけど、その裏、というかそれと並行して、

家族から縁を切られて誰からも看取られることなく、差別と偏見にさらされて死んでいったエイズ患者の方々というのがいるわけです。

エイズ治療候補薬の治験に参加したけど、結局その薬には効果がなかった、そういう結果を出すのに貢献した方もいるわけです。

 

そういう、「ただのエイズ患者」がたくさんいた。

その方たちは、必死でその人生を生きた。

 

こういった方々が、満屋さんのような方を発奮させる材料になっていた、だから価値がある、というふうには思わない。

 

ただ、生きた。

そして、満屋さんも、自分の人生を生きてきた。

そういう、たくさんの方の人生の「積み重ね」が、今ここにある現在なのであって、

まあ結果的に満屋さんは目立った功績を残されているわけだけど、

その「生きた」人生に優劣はなくて、すべてが尊いのだなあ・・・

 

としみじみ思ったのだった。

 

だから、自分にできることをちゃんとやって、自分の人生はちゃんと生きないとね、と思ったのでした。

エイズ患者の方々がそれぞれに生きたように、

満屋さんが、研究者として生きたように。

それぞれに、それぞれの才能を活かして、それぞれらしく。