なにか、いいこと somethingoodの日記

日々考えたことを綴っています。

幸せは、考えるものではなく感じるもの!そして人生は全て、自分の選択からできている。「30代からの自信の育て方 ~人生がうまくいく! ~ 」林忠之

林忠之さんの「30代からの自信の育て方 ~人生がうまくいく! ~ 」 という本を読みました。

30代からの自信の育て方 ~人生がうまくいく! ~ (マイナビ文庫)

30代からの自信の育て方 ~人生がうまくいく! ~ (マイナビ文庫)

 

 

f:id:somethingood:20170322173551j:image

 

というのも、この方が藤本さきこさんとセミナーをされていて、

ameblo.jp

行きたい!って思ったけどすでに満席だったので、ちくしょー、じゃあ本だけでも読んでやるって感じで読んだのです(笑)

 

結果、すごいいい本で、これ読んでから幸せ感が上がったと思います!

 

心に残ったのは、

「幸せ」はココロの中、「感情」で感じるものであり、頭の中、「思考」によってつくり出されるものではありません。

というところ。

考えてみれば当たり前ですが、「幸せ」というのは、感じるものであって、「私はこれこれこうでこうだから(お金があるとか)、だから幸せだ」というように、考えてなるものではありませんよね。

 

当たり前なんだけど、そっか、幸せって「感じる」ものなんだな、と気づいてから、

幸せを感じるという方向に自分の意識を向けたんです。

そしたら…幸せですよ確かに!

幸せってすぐなれるんですね(笑)

妖怪ウォッチのオープニングテーマ曲にも、そんな歌詞があったなあ。

しあわせに なりたいと いうならばそれは簡単さ たった今がしあわせなんだと思うだけ!

 

もうひとつ心に残ったのは以下の部分。

「妥協」は今の自分の選択と捉える

「あらゆる選択肢の中から、自分が選択している」という感覚は、非常に重要です。

しかし、一見、自由がないように見えるこのような人も、実はすべての選択肢の中から今の状態を選んでいるのです。

例えば、「小さい子がいるから海外旅行に行けない」という状況。

極論すればその子を養子に出せば海外旅行に行けるんだけど、「そんなことできるわけないじゃん!」ということに普通はなるわけで、

じゃあなんでできない・しないのかといえば、それは自分にとって海外旅行よりも小さい子を育てることが大事だから、だから自分は海外旅行に行かずに小さい子の面倒を見ることを「選択している」のだというように考えましょう、ということ。

 

自分の人生は、自分で選んできたことの集合なのだという感覚は、

自分の人生の舵取りは自分がしているんだという意識につながります。

こういう意識をもつと、自分の人生に自信が持てるようになる気がします。

 

 

この本は、自信がない人にもいいと思いますが、幸せになりたい人にもおすすめです。