読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

当たり前のことばかりだけど、シンプルにまとまっていてよかった。「自分史上最高の幸せを呼びこむ方法」鈴木真奈美

鈴木真奈美さんの「自分史上最高の幸せを呼びこむ方法」という本を読みました。

ブックオフにふらっと行ったときに見つけて、108円という破格の値段で売られていたので、つい買ってしまった。 

自分史上最高の幸せを呼びこむ方法

自分史上最高の幸せを呼びこむ方法

 

 

f:id:somethingood:20170321170934j:image

 

多分、スピリチュアルとか心関係の本という意味では、そんなに特別なことは書いてなかった。

でも、だからこそ読みやすかった。

一番こころに響いたのは以下の部分。

「なぜ自分への感謝が大切なのか」

あなたの中には、たくさんの命が眠っています。

あなたに感謝するということは、あなたの中に眠る、たくさんのご先祖様への感謝でもあり、あなたに命を捧げてくれた動物・植物・果物への感謝にもつながります。

あなたを大切にすれば、その命たちがはたらいてくれるのです。

 

なんで自分を大切にすることが必要なのか、について、先日の真穂さんのブログも合わせてより腑に落ちた。

(というか!今そのリンク先貼ろうと思ったら、真穂さんのブログに感銘を受けた話の記事が消えている!なんでだろう、真穂さんにスターつけてもらってすっごいすっごい!嬉しかったのに…あうー

ちなみに、感銘を受けた真穂さんの記事はこれです。

santasantasan.hatenablog.com

 

私は、心について問題があって、それを扱う場合、それが医学的アプローチであろうが、スピリチュアル的アプローチであろうが、結局

・人間は、今のまま、ありのままでで価値があることを知ろう。

・そのために、自分を大切にしよう

ということを腑に落とすことが大事なのだと思う。

最近話題のマンガ「うつヌケ」にも、作者がうつになったのは、自分を嫌いになったからだと書いてありました。

 

うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち

うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち

 

 

結局、心という同じものを扱っているのだから、医学も心理学もスピリチュアルも、同じことになってくるのだなと思います。

その、自分には価値がある、自分を大切にするというところに至るために、

医者がいうことが響くならそれを採用し、宇宙と交信できる人ならそのほうが早いだろうし、ということだと思っています。

 

私は、宇宙はよくわからないし交信もできないけど、

まあなんかこの世界には人知を超えた神様がいる、ような気がする、だからスピリチュアルもきっとそうなんだろうな、というスタンスです。

 

なんかよくわかんない感じになりましたが、この辺で。