なにか、いいこと somethingoodの日記

日々考えたことを綴っています。

自分が変われば世界が変わる 「トップ1%に上り詰めたいなら、20代は“残業"するな」

夫が妙にすすめるので、「トップ1%に上り詰めたいなら、20代は“残業"するな」この本を読んでいる。 

トップ1%に上り詰めたいなら、20代は“残業

トップ1%に上り詰めたいなら、20代は“残業"するな

 

 そしたら、しょっぱなにこういう章があった。

「01 世界は厳しくもないし、残酷でもない」

その理由1:

「世界は残酷で厳しい」と吹いて回る人は、そのように脅すことで自分の主張に対して耳を傾けてくれると考えているからです。

その理由2:

「世界は残酷で厳しい」と吹いて回る人本人が、残酷で厳しい人であるために、周囲の人も残酷で厳しくならざるをえないということです。

 心に響いたのはこの、理由2です。

「世界は残酷で厳しい」と考える人は、周りに対しても「残酷で厳し」く接している。だから「残酷で厳しい」人たちが集まってくる。

これを変えるためには、

「世界を変える」などと考えずに、まず自分が変わればいいのです。

 

ナリ心理学で、自分が周りをジャッジしているから、周りからもジャッジされると思ってやりたいことできなくなる、っていう考え方を知ったんだけれども、

別に心関連でもスピリチュアルでもない本にも同じことが書いてあって、結構嬉しく思った。

(心関連・スピリチュアルって、ほんとにそうなの?ってやっぱりちょっと思うもので・・・)

 

やっぱり、ジャッジをやめるって大事だなと再認識した次第です。

自分が変われば、世界が変わる!

 

 

余談:ほんとはアマゾンアフィリエイトをやりたいんですけどね。設定できずにいます・・・(笑)