読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

可能と不可能のあいだでもやもやするときは、紙に書き出すんだ!

この4月に、現在認可外保育園に通っている娘が、認可保育園に転園することになったのですが。

 

今の認可外保育園は、けっこう親にやさしく、お迎えの時間は当日決めればいいし、おむつは持っていかなくていいしでいろいろいいところもありました。

先生方も良い方たちばかりで、文句なし。

 

ただちょっといろいろ考えて、今回認可保育園に申し込みました。

しかし、この園は今年度新しくできる園だったので、申込時はよくわからないことも多かったのです。

 

で、詳細がわかってきて、

お迎えは原則18時で、延長保育を利用するときは原則前の月の25日までに利用日・時間を決めておかないといけないとか、まあなんかいろいろ決まりごとがあることがわかった。

 

んで…

やっぱそのままでよかったのかなあ…なんて思うわけですよ。

 

悩むときって、

自分でできることしかできないのだから、

自分でできることについてはやればいい。

自分でできないことについては、悩んでも仕方ないから悩むな。

 

って言いますけど。言いますけどね。(出典は忘れました)

この「自分でできること」と「自分でできないこと」

「可能」と「不可能」の線引で、人は悩むと思うんですよ。

 

今回だと、

今のまま認可保育園に転園させるのか。

もう決まってしまったことなんだから「不可能」に分類して悩まなきゃいいんだけど、

 

「普通ならこのままだけど、もしかすると今の園に頼めばまだ残れるのでは?」

「ここで行動すべきか否か?」

「ああ、でも困った親だって言われるかなあ」

 

って、「自分ができること」をどれだけ広げられるかっていう可能性を、頭のなかで広げすぎてごちゃごちゃごちゃ…になって、悩んでしまうのです。

 

ここからここまでが「可能」、ここから先が「不可能」って、白黒はっきり自分ですぐにつけられたら、もっと悩まなくて済むんだけどなあ。

 

結局、紙に思いの丈をぶちまけました。

それである程度すっきりしました。(そのまま認可に転園します。普通か(笑))

やっぱり、紙とペンって素敵な相棒です。