読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MFクラウド確定申告が「e-Tax対応」というのは、語弊がある。「e-Taxソフト対応」と呼ぶべき。

今年は、ちょっとした個人事業主になったので、確定申告をしないといけなくなった。
 
来年からは青色申告にしようと思ったので、クラウド会計ソフトを試してみることに。
freeeとMFクラウド確定申告を使い比べて、
 
・freeeのほうが圧倒的に使いやすければfreee
・そこまででもなければMFクラウド確定申告(私は無料プランの仕訳が付き15件までの縛りに問題がないので)
 
を使おうと決めて試した。
結果、freeeのほうが多少は使いやすくあるものの、「圧倒的」というほどまでではなかったので、MFクラウド確定申告にお世話になることにした。
 
そして確定申告書を作成し、「カードリーダー使ってe-Taxで提出」なるものをしようとしたのだが…
仕組みがわからない!(このへん、マニュアルがわかりにくいです。MFさん。)
 
MFクラウド確定申告の「e-Tax対応」というのは、
私は
「MFクラウド確定申告→eTaxで提出」
ができると理解していたんだけれども、
 
実際のところは、
「MFクラウド確定申告からデータを.xtx形式で出力→「e-Taxソフト」に読み込み→e-Taxで提出」
という手順を踏むのであった。
e-Tax対応」だと、ちょっと語弊があると思うのは私だけか?
 
そしてこの「.xtx」という拡張子は、「確定申告書等作成コーナー」で使われている「.data」とは違うので、
MFクラウド確定申告で作ったデータは、「確定申告書等作成コーナー」では読み込んで使うことができないのです。。
 
「確定申告書等作成コーナー」は、その名の通り確定申告書等の作成に特化したWeb上のサービス。「e-Taxソフト(Web版)」とは違うのでご注意です!
 
私は、寄付金控除(ふるさと納税NPO法人)もあったので、額を計算しないといけなかったのですが、そのあたりはMFクラウド確定申告ではできないんですね。
しかもNPO法人の場合は「認定NPO法人等寄附金特別控除額の計算明細書」の提出が必要なのです。
こういう計算とか書面は、「確定申告書等作成コーナー」なら、寄附のときの領収書の数値を入力していくだけでできるのに、MFクラウド確定申告では作れない。
(ちなみに、e-Taxソフトでも、自動的には作れないようです。確定申告書等作成コーナーは、ほんとに確定申告に特化した、確定申告に至れり尽くせりのサービスです。)
 
結局、MFクラウド確定申告で出てきた「青色申告決算書」「収支内訳書」の額を「確定申告書等作成コーナー」にて入力するのが最適解だという結論にいたりました。
 
わかってしまえばなんてことない、でも理解するのに膨大な時間を要してしまった。。
来年からは楽になるといいんですけど。
 
ちなみに「青色申告承認申請書」は、「e-Taxソフト」から提出できます。
税務署に行かなくて済むのでおすすめです。
e-Taxソフト(Web版)」ではできないようでした。
 
でも、freeeは、e-Taxソフトを介さずに、直接e-Tax送信できるようになったようですね。
そうすると、freeeのほうが使いやすさでは上になるのかなあ。寄付金特別控除の書類も作れるのかしら。
でも、「確定申告書等作成コーナー」のほうが、国税庁が作ってる分やっぱり安心感があるような気も。
手書きで

news.goo.ne.jp


2017.02.19追記

図にまとめました。手描きですが…

f:id:somethingood:20170219143025j:image