なにか、いいこと somethingoodの日記

日々考えたことを綴っています。

「噛みきれない想い」鷲田清一 印象に残った文章たち。

「噛みきれない想い」鷲田清一 を読みました。 噛みきれない想い 作者: 鷲田清一 出版社/メーカー: 角川学芸出版 発売日: 2009/07/10 メディア: 単行本 購入: 1人 クリック: 16回 この商品を含むブログ (7件) を見る きっかけは、 somethingood.hatenadiary.…

全ての人・物に丁寧に接して愛を示したい。マザー・テレサ「生命あるすべてのものに」「愛と祈りのことば」を読んでみた。

城ノ石ゆかりさんの4nessコーピングが好きでして、 profile.ameba.jp この城ノ石ゆかりさんの「自己紹介」にいつも出てくる「マザー・テレサ」ってそういえばどんな人だったんだろう、と思い、マザー・テレサについての2冊を読みました。 生命あるすべてのも…

子どもは甘やかして育てるべし! 「はじまりは愛着から 人を信じ、自分を信じる子どもに」 佐々木正美著 感想

ある日、本屋でこの本をみつけ、なんとなく手にとったらなんかほしくなったので、買いました。 買って正解でした。 はじまりは愛着から 人を信じ、自分を信じる子どもに (福音館の単行本) 作者: 佐々木正美,山脇百合子 出版社/メーカー: 福音館書店 発売日: …

老いた親を愛せますか? それでも介護はやってくる 岸見一郎

図書館で借りました。 老いた親を愛せますか? それでも介護はやってくる 作者: 岸見一郎 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2015/12/10 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る アドラー心理学で有名な岸見一郎さんの本です。 印象的だったところを少し…

安積力也 「教育の力」 感想

前回、安積力也さんという方の番組の感想を書いたのですが、 somethingood.hatenadiary.jp この安積力也さんという方のお人柄にもっと触れたいなと思い、 なにか書籍はないものかと探したところ、一応あったのですが、 教育の力―『教育基本法』改定下で、な…

こころの時代~宗教・人生~「何をおそれるか―本来の私を生きる―」感想

たまたま、番組表を見ていて面白そうと思って録画し、 ず~っとほったらかしていた番組を観た。 「こころの時代~宗教・人生~」という番組で、 安積力也さんとおっしゃる元教師の方のお話。 キリスト教を信仰なさっているそうです。 www4.nhk.or.jp newskei…

「別にやらなくても困らないけど、楽しいからやりたいこと」を考えてみる。 「大富豪からの手紙」 本田健

本屋で見かけて、 「なんかチャラチャラしてるなぁ~」と思いながらも(笑)、 ちょっと引っかかった部分があったので買ったこの本。 「大富豪からの手紙」本田健 です。 大富豪からの手紙 作者: 本田健 出版社/メーカー: ダイヤモンド社 発売日: 2018/03/08…

キャリアなどに興味はない。それなりに稼げて、ストレスフリーなら、それがいいのだ! DJあおい 感想

ブロガー DJあおいさんの djaoi.blog.jp 「キャリアなどに興味はない。それなりに稼げて、ストレスフリーなら、それがいいのだ!」を読みました。 キャリアなどに興味はない。それなりに稼げて、ストレスフリーなら、それがいいのだ! 作者: DJあおい 出版社/…

身体が「ノー」と言うとき 抑圧された感情の代価 ガボール・マテ を読んで  私たちは、つながっている。

先日、n00さんのブログを読んでいて、 www.n00life.com そこに紹介されていた本が面白そうだと思って読んでみました。 身体が「ノー」と言うとき―抑圧された感情の代価 作者: ガボールマテ,Gabor Mat´e,伊藤はるみ 出版社/メーカー: 日本教文社 発売日: 2005…

「未処理の感情に気付けば、問題の8割は解決する」 城ノ石ゆかり を購入した。

未処理の感情に気付けば、問題の8割は解決する 作者: 城ノ石ゆかり 出版社/メーカー: 実業之日本社 発売日: 2016/11/18 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (1件) を見る この本を買いました。 決めては、amazonの口コミに書いてあった…

「うつヌケ」で、最近の自分の状態を理解した話。気温差が激しいと鬱っぽくなる、のかも。

どうも最近、自分が鬱っぽいと思っていました。 なので、「うつヌケ」を久しぶりにちょっと読んでみました。 うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち 作者: 田中圭一 出版社/メーカー: KADOKAWA 発売日: 2017/01/19 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (14…

「誰といても疲れない自分になる本」林泰弘を読みました。大事なのは、結局「自尊心」!!

「誰といても疲れない自分になる本」林泰弘を読みました。 誰といても疲れない自分になる本 作者: 林恭弘 出版社/メーカー: 総合法令出版 発売日: 2017/04/22 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る 結構、いまの職場はアクの強い人…

子どもを産んだだけで、子どもを育てる権利が与えられるのっておかしくない? 「仕事と家庭は両立できない?:「女性が輝く社会」のウソとホント」アン=マリー・スローターを読んでいる途中で思ったこと

この本を読んでいます。 仕事と家庭は両立できない?:「女性が輝く社会」のウソとホント 作者: アン=マリー・スローター,篠田真貴子(解説),関美和 出版社/メーカー: エヌティティ出版 発売日: 2017/07/31 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブ…

野宮真貴「赤い口紅があればいい」を読んで、私が生活に取り入れたたった1つのこと

野宮真貴さんの「赤い口紅があればいい」を読みました。 赤い口紅があればいい いつでもいちばん美人に見えるテクニック 作者: 野宮真貴 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2016/09/23 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る それで私が生活に…

英語が話せるようになりたい!でもそのために必要な努力が途方もないので英語学習に踏み切れない。「英語力はメンタルで決まる」西田大

題名のまんまの、ただの愚痴なんですけどね。 私は仕事で英語を使っています。 が。 日本語を英語に翻訳することと、 英語でクライアントとメール・文書でやりとりすることが、メインの仕事です。 つまり、全て「読み書き」。 「聞く」「話す」の能力は一切…

エリサさんの「トランクひとつのモノで暮らす」で私が学んだことと、思い出したこと。リベルテ(LiBERTE)の薄い財布はおすすめ!

先日のこの記事に、 somethingood.hatenadiary.jp なんと、エリサさんがスターをつけてくださって・・・! 「100円だから買った」って、ある意味失礼な内容にも関わらず。 すいません、エリサさん、そしてありがとうございます!! そして、「トランクひとつ…

エリサさんの「トランクひとつのモノで暮らす」がKindleで100円に!→速攻で買う。

堀井みきさんのブログが好きです。 今日、こんな記事を目にした。 minimote.hateblo.jp おお、と思ってAmazonに行ってみたら、 これまた堀井みきさんが紹介していたエリサさんの本が、100円になっている!! minimote.hateblo.jp エリサさん、結構好きでブロ…

小林正観「ありがとうの奇跡」はとてもいい本だった!お読みいただきありがとうございます!

書店で「ただしい人から、たのしい人へ そして「ありがとうの人」になる」を見かけて、買おうかどうか迷いとりあえずその場は書店を離れ(最終的には買ったんだけど)、 買おうかとAmazonでチェックし直してたら、「ありがとうの奇跡」も目に入って、とても…

幸せは、考えるものではなく感じるもの!そして人生は全て、自分の選択からできている。「30代からの自信の育て方 ~人生がうまくいく! ~ 」林忠之

林忠之さんの「30代からの自信の育て方 ~人生がうまくいく! ~ 」 という本を読みました。 30代からの自信の育て方 ~人生がうまくいく! ~ (マイナビ文庫) 作者: 林忠之 出版社/メーカー: マイナビ 発売日: 2015/02/18 メディア: 単行本 この商品を含むブログ…

当たり前のことばかりだけど、シンプルにまとまっていてよかった。「自分史上最高の幸せを呼びこむ方法」鈴木真奈美

鈴木真奈美さんの「自分史上最高の幸せを呼びこむ方法」という本を読みました。 ブックオフにふらっと行ったときに見つけて、108円という破格の値段で売られていたので、つい買ってしまった。 自分史上最高の幸せを呼びこむ方法 作者: 鈴木真奈美 出版社/メ…

自分が変われば世界が変わる 「トップ1%に上り詰めたいなら、20代は“残業"するな」

夫が妙にすすめるので、「トップ1%に上り詰めたいなら、20代は“残業"するな」この本を読んでいる。 トップ1%に上り詰めたいなら、20代は“残業"するな 作者: 山口周 出版社/メーカー: 大和出版 発売日: 2016/10/15 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品…

寝る前にその日1日にあったよかったことを書き出すと幸せになれる by DaiGo メンタルサプリ

DaiGoさんの「メンタルサプリ」という本を読みました。 なんかいいこといろいろ書いてあり、実践レッスンみたいなのもついていて、ちゃんと全部実践したらめっちゃ幸せになれそうです(笑) しかし、人はそんなにたくさん習慣化できないわけでして(と、この…

自分の「存在給」を信じることができたら、大企業を辞めなかった、かもしれない。

私は、かつて、業界大手ホワイト企業の正社員(総合職)でした。 それを自分から辞めました。 いろいろ理由はあるのだけれど、メインの理由の一つが、「そんなにたくさんのお給料をいただく価値が自分にはない」と思って、自分で自分をいじめていたからでし…