なにか、いいこと Somethingood みとの日記

日々考えたことを綴っています。

本の感想:「いつでもおしゃれ」を実現できる幸せなクローゼットの育て方 ミランダかあちゃん/輪湖もなみ

おしゃれがしたい。と思いました。

そういうおしゃれ本が読みたい、そう思って、

「いつでもおしゃれ」を実現できる幸せなクローゼットの育て方」 を読みました。

 

すごいよかったです。

正直、この作者の方ほど服を持っていないので、ここまで緻密にクローゼットを管理して育てるつもりはないのですが、

とりあえず知ってるだけでも違う情報がたくさんありました。

 

一番大事だと思ったのが、「自分のよく履く靴から逆算して、メインのボトムの形を決める」です。

私はスリッポンのスニーカーか、ドライビングシューズしか履かないので、そういう人の場合は「長め丈のスカートやパンツ、ワイドパンツ」しか合わない、他ではバランスが悪くなるということ。

その中で、自分の体型をカバーできる、いちばんスタイルがよく見えるボトムを選ぶべきだと。

 

なるほど~と思いました。

確かに、ヒールにしか合わないボトムをうっかり買ってしまったらタンスの肥やしになるだけ。

日頃履く靴が、もう決まっているならば、それに合って、自分に似合うボトムしか買わないことにして、さらにトップスもそのボトムに合うものしか買わなければ…

全て活用できるクローゼットになる!!

 

すごく勉強になりましたので、とてもおすすめです。

わたしは、こうして“本当の自分"になる。 「自己肯定感」の低い私が幸せになった5つのステップ akko を読んで

akkoさんの、「わたしは、こうして“本当の自分"になる。 「自己肯定感」の低い私が幸せになった5つのステップ」という本を読みました。

 

わたしは、こうして“本当の自分

わたしは、こうして“本当の自分"になる。 「自己肯定感」の低い私が幸せになった5つのステップ

 

 

なぜこの本を買ったか。
私はもともと、akkoさんの「わたしはだんだんわたしになる 自己肯定感がほしい!」を読んでおりまして、

note.mu


この人の書いた本ならぜひ読みたい!と思ったのでした。

 

やっぱりいい本でした。
なんとなく紙で持っておいたほうがいいなと思って、紙の本にしましたが大正解。
めっちゃ付箋がつきました(笑)

 

 

f:id:somethingood:20181109162537j:image

akkoさんの素晴らしい・見習うべきところは、自分の生きづらさの問題をご自分で考えて、仮説を立てて解決策を実践してそのフィードバックをもとにして仮説を立てて・・・
といういわゆるPDCAサイクルをご自分で考えて回しておられるところだと思っていました。それを再確認しました。

 

こういった、心の問題を抱えている方がハマってしまいやすい落とし穴が「スピリチュアル」だと思うのです。
いえ、わたしもハマりかけたのです。スピリチュアル。とかインチキ心理学とか。
昔だったら宗教にハマったりしたんじゃないだろうか。
そういったものにはまらず、自分の心の声・体の声を聞いて、自分で考えて判断して、というように、自分から軸がぶれなかったところを、本当にすごく見習いたいのです。

 

そしてこの本は、まえがきにもあるんですが、

総菜のトンカツを使ったカツ丼を「私の手料理」として提供しているのではなく、トンカツを作るところからやっているカツ丼、そんな本です。
私に私のやり方があったように、あなたにもあなたのやり方があるはず……。
この本が、あなたにとって本当の自分に近づくためのヒントとなれば幸いです。

という本です。
akkoさんの個人的な体験談の本。ですが、すごく様々な考察を重ねに重ねた経緯が書かれていて、読めば「自分」と向き合う姿勢を考え直すいいきっかけになる、そんな本です。

 

細かいところもすごくいろいろ参考になるんですが、やはり「自分」を大事にする、「自分の感じた・考えたことを大事にする」という自分軸の大事さを考えさせられます。
あ、自分を大事にするといっても、わがまま勝手にせよという本じゃないですからね!


あと、個人的に嬉しかったことがあり。
私は、「わたしはだんだんわたしになる 自己肯定感がほしい!」を、各回100円(全部で2300円)出して購入した人間なのですが、
そういう人の存在が、akkoさんの励みになったと書いてあって、
そうか、私は多少なりともakkoさんを応援できて、それが伝わるような行動ができてたのだなー、と思うと、買ってよかったなと思いました。
しかし、2000円以上出した人が9人だったんだそうです。私、その一人です!!
今はもっと売れたのかしら。
なんか、気づいたらまとめて1400円になってて、ちょっと悲しかったのだけど(笑)
いえ、でも応援になったのならそれで全然いいの!

 

ところで、akkoさんは「わたしはだんだんわたしになる 短編集」もおすすめです。
特に、「子供の写真入り年賀状」。

note.mu


子供の写真入り年賀状にイライラする女性が出てきます。
これ、自分が本当にそのままそのものだったので、刺さりました。
ネタバレしてはいけないと思うのであまり書かないようにと思うのですが、
「他人の人生と自分の人生を比較しない」「他人(又は理想)の子供と我が子を比較しない」
ということの大事さを痛感させられます。

 

というわけで、「わたしは、こうして“本当の自分"になる。 「自己肯定感」の低い私が幸せになった5つのステップ」は、おすすめの本です。

20年来握りしめていた人生訓から自由になった話。

大学受験で、とあることが原因で失敗した、と思っていた。思い込んでいた。

 

大学受験の二次試験、理科が最後の教科だった。
私は生物と化学を選択していて、2時間の間に生物と化学を解くという形だった。
私はいつも、生物を1時間解いた後に、化学を1時間で解く、という形にしていた。
生物はある程度気持ちに余裕を持って、化学は時間的プレッシャーをかけながら集中してうわーっと解くのが向いている、と思っていた。

 

ところが、試験当日、私は何を間違ったか、いつもとは逆に、化学を先に解いて、生物を解くという順番にしてしまった。
そしたら、なんか調子が狂ってしまって、うまく解けなかったように感じた。

 

そして、私は第一志望の学科には受からなかったのだった。第二志望の学科にひっかかったのであった。


こういうことがあったので、私は

「いつもやりなれないことを本番でやると失敗する」

という人生訓を握りしめて生きてきた。

 

でも、なんか昨日寝てるときに、気づいたのだ。突然。
別に、第一志望に受からなかったのは、この理科のせいでなないのではないか、と。
もしかすると理科のせい、かもしれないが、違ったかもしれない。
あるいは、理科のせいで点が伸びなかったけど、影響は小さかったかもしれない。

 

確かに、解く順番を変えて調子が狂ったのは本当だ。
でも、それが本当に点に影響したのか。それは、二次試験の点が公表されてないからわからない。
いや、むしろセンター試験で配点の高い社会で大失敗したことが主な原因なんじゃないのか。
どうして、センター試験の社会で失敗したことは、第一志望の学科に受からなかった原因だと私は認識してなかったんだろうか。

 

事実から正しく判断できることは、
「いつもやりなれないことを本番でやると失敗する」
ではなくて、
「いつもやりなれないことを本番でやると調子が狂う」
ではなかったのか。

 

どうして私はこのように考えていたのか。
こう考えることによって、当時の私にはなにかメリットがあったのかもしれない。

 

でも、20年ほどの時を経て今、
「いつもやりなれないことを本番でやると失敗する」
は、そこまで握りしめて信じていなければならない人生訓ではないのではないか、と思うに至った。

 

ちょっとだけ、ほんのちょっとだけ、自由になった気がした。

山中湖・忍野八海旅行記メモ

9月某日、山中湖周辺へ1泊2日の旅行に行きました。

(もうかれこれ1ヶ月以上前のことです・・・今更ですが)

 

道の駅すばしり

道の駅 すばしり/静岡県小山町の道の駅

 

食堂でかわいいラーメンを食べました。あいにく雨が降っていたのですが、晴れていたら富士山も見えてきれいだっただろう…

足湯もあってくつろげる、楽しい道の駅でした。

f:id:somethingood:20181019115923j:image

 

冨士浅間神社

道の駅すばしりの近くにあります。

川が流れていました。

こういう、水のきれいで豊かな土地に住みたいなあって思った…
f:id:somethingood:20181019115914j:image

 

泊まったのは、「小田急山中湖フォレストコテージ」です。

www.odakyu-forest.com

日を選べば、株主優待券で半額で泊まれるのです。

(逆に、それがないとけっこう高い感じ)

株主優待券は、ネットオークションか何かで夫が仕入れます。感謝。

コテージのベランダでは花火もできて、小さい子供さんにも楽しめます。

 

これは、コテージにあった周辺地図です。

あんまり周辺にはスーパーがないのです。

スーパーオキツ・セリアには以前お世話になりました。
f:id:somethingood:20181019115930j:image

2日目

忍野八海へ行きました。

忍野八海 | 忍野村公式観光ホームページ

www.oshino.jp

 

まあ、池があるんですけど、この池が青くてきれい!

そしてお水が冷たくておいしい!

いいなあ、きれいな水がたくさんある土地は。

 

ちなみに、異様に中国人がたくさんいました。

なんででしょう、なんか人気なのかしら。。

 

ここでご飯を食べました。

maruten.asia


f:id:somethingood:20181019115919j:image

 

写真ではうまく写ってないんですが、

このお店、池の上に張り出したつくりになっているんですが、

この張り出した部分の床が「透明」なんです!

透明なガラスの下に、池が見えて、鯉がたくさん泳いでいるのです!

ちょっと子供がうつりこんでいるのでアップはできないんですが、なかなかおもしろい写真が取れます。

この床、まさか割れないよね?って心配になります(笑)
f:id:somethingood:20181019115910j:image

 

帰りに足柄サービスエリアに寄りました。
f:id:somethingood:20181019115926j:image

 

いつも、高いからっていって山中湖の「KABA」に乗れずじまいなので、

次回は乗りたいなあ。

トップ - 水陸両用バス 山中湖のKABA

30代半ばで白髪染めをやめた4つの理由。

以前、n00(ヌー)さんのブログ記事を読んで、白髪染めをしない決断をしました。 

www.n00life.com

 

 

そもそも私はけっこう白髪が多く、20代の頃から気になるくらいに生えていました。

なので、20代から白髪染めを開始しました。

で、もう30代も半ばになるんですが…
2ヶ月すると「染めなきゃ!」っていう感じになってくる。
これ、いつまで繰り返すのか?って思ってた頃にヌーさんの記事を読んで、
「よし、やめよう!」と相成ったのでした。

 

最後に白髪染めをしたのが2018年4月1日。
7ヶ月弱たって、やっとほぼ染めてない髪だけになってきました。
ショートなんですけどね、トップが長めになってるのでなかなか完全には入れ替わらない…

 

やめた理由はだいたいこんな感じです。

1.めんどくさかった。
2.同世代の友人でも白髪が出てきていることがわかってきた。もう私だけじゃない。
3.染めている中高年を観察してみたものの、手入れがなってなくてみすぼらしい人多し。確かに染めれば若く見えるが、それをキープするのは至難の業。
4.最近のグレイカラー旋風(笑) これにのっかっとこう。

 

私、そんなに自分軸が強いわけじゃないので、結構周りの環境に乗せられてるということが上の理由からもわかると思うんですが、
でも「グレイカラーでおしゃれなおばさん」がたくさん出てくることによって、グレイカラーでも変な人と見られない、安心感みたいなものが世に出てくるような気がするんです。
すいませんね、そういう雰囲気がないと白髪染めもやめられないような私で!!(笑)

 

ただ、やはりグレイカラーを選択するからには、みすぼらしくない身なりにはしておこうと思うのでした。

 

こんな記事もyahooで出てました。

みんなやめたいんだなぁ(笑)
news.yahoo.co.jp

Facebookを退会しました!

Facebookをやめました。

 

やめた理由…

それはまあいろいろあるのですが、

 

1.身近に感じていたはずの、最近会ってない友達の「ちょっとした幸せ」の投稿に落ち込むのが嫌、落ち込んでしまうそんな自分も嫌。

SNS疲れってだいたいこういうことじゃないでしょうか。

しかも、Facebookって、「会ったこともない人」じゃなくて「もともと知り合いだった人」が友達なわけですけど、

そういう、昔は同じ地点にいたはずの友人が、今輝いている(ように見える)ことを見せつけられるのがFacebookなのです。

自分が幸せいっぱいならいいのだけど、いつもそういう情報を「あら、○○ちゃんも幸せそうでよかったなぁ」とは思えないのが小さい私。

小さい。小さいけど、自分は守らねば。

 

高校時代の、とても人柄の良い素敵な友人が、医者と子育てに奮闘しているのだけれども、

彼女が最近ぬか漬けをつけはじめたという、微笑ましいはずの投稿を見て、

「医者は食いっぱぐれなくていいなあ…子供にも恵まれて、さらにぬか漬けなんてすてきなことを始めて…私なんて…」

とか思ったときに、自分、小さいわと思ったけれども、

こんな情報、直接聞けばべつにただの世間話なのであって、

そんなことで落ち込む、Facebookという、この「情報の入り方」がよくないと思った。

 

2.ということで、Facebookはあまり使わないようにしていたものの、アカウントを放置しっぱなしにするのもそれはそれで気持ち悪い。

 

最近もまた、個人情報が流出しましたから…

幸い私の個人情報はなにかに使われているというものではないようでしたけど。

 

大まかには以上のことから、Facebookを退会することにしました。

 

Facebook退会のための事前準備

Facebook、というかMessengerでこの1~2年の間でやりとりをした人とか、

明らかにFacebook以外の連絡先を知らなくて、これからも繋がっていたいと思えた人、

4人に声をかけて、連絡先を聞きました。

Facebookやめようと思ってるんだけど~、と伝えたら、へ~そ~なんだ~、ってな感じでした。

あっさり連絡先もゲットです。

 

なお、Facebook上で退会宣言を事前にしようかとも思いましたが、

なんかそれはそれで面倒かなぁ…と思ってしまって、

これを機にプチ失踪したい、これまでの人間関係から距離を置きたい、みたいな気持ちもあったので、
退会宣言はしないことにしました。
いきなりの退会です。

ただ、私はあんまりそもそもFacebookに投稿もしてなかったので、多分そんなに気づかれないのではないだろうか…
気づかれたところで、「やめたの?」って別ルートで聞いてくれそうな人はいなさそうだし。

 

Facebook退会の手順

このサイトの言うとおりにしました(笑)
このサイトを作ってくれた方、感謝いたします。

keikenchi.com

 

完全削除には30日の時間が必要なようです。
うっかりログインしないように、タブレットからFacebookとMessengerのアプリも削除しました。

これでFacebookとはおさらばです!!


デメリット、思いつくもの。

私は、熊本地震のときにFacebookで、実家の近くの農家さんが、飲用できるきれいさの農業用水を開放しているという情報を得て、
その情報を実家に伝えて、実家の両親が、給水所まで行かずに水を汲みに行くことができた、という経験があります。
なので、なにか地震があったときに、情報ライフラインとしての機能をFacebookに期待していました。
だから、災害に備えるという観点からはやめないほうがいいのかも…とは思いました。
でも、最終的には「日常の私の幸せが大事」という結論にいたり、辞めることにしたんですけどね。

そして、これは「熊本市」出身で、熊本市地震が起こり、熊本市にゆかりのある友人がFacebookにいっぱい登録してたから起こった出来事であって、
首都圏に住んでると、知り合いが住んでるところもばらばらだったりして、うまくいい情報がFacebookのフィードに上がってこないんじゃないかって気もしてる…

 

参考にしたサイト

Facebookをやめようかなと思ってたとき、
Facebook やめる 理由」とかって検索しました(笑)
そのときに読んで参考になったサイトです。皆さんお世話になりました!

ほんとは、「他の人もやめてるから」とかって言い訳せず、自分で「やめたい」って思えばやめていいんですけどね。。

live-resiliently.com

 

fltax.net

ameblo.jp

朝ドラを観るのをやめたら朝15分もうかった

ほんっと当たり前のことなんですけど・・・

 

先週まで、なんとなく「半分、青い。」を観てたんですね。

www.nhk.or.jp

ストーリーが雑?(笑)とか思いながらも、次どうなるのかなと気になってしまって。
でも、その8時~の15分に自分が縛られているような気がして、
新しいのが始まったのをきっかけに朝ドラを観るのをやめまして。

 

そしたら、
朝の貴重な15分がもうかった!!!(笑)

 

なんだか妙に朝をゆったりと過ごせているような気がします。

習慣ってこわいわー、と思った話でした。