なにか、いいこと Somethingood みとの日記

日々考えたことを綴っています。

飽きっぽいのは、何かにハマりすぎないという利点でもある

小飼弾さんの、「弾言」「決弾」を読みまして、

 

弾言 成功する人生とバランスシートの使い方

弾言 成功する人生とバランスシートの使い方

 

 

 

決弾 最適解を見つける思考の技術

決弾 最適解を見つける思考の技術

 

 そのどちらかに書いてあったのですが、

まあよく言われることだけど、長所は短所であり、短所は長所であるということ。
その中で、飽きっぽいというのは、ネガティブに捉えられがちだけど、逆にいえば変なことにドハマリする可能性が低いというようなことが書いてありまして。
ああ、そうかもなぁ…って思いました。
 
私はまあわりとスピリチュアルにはまったと言える時期があり、
その後はナリ心理学に傾倒していた時期があります。
このブログをはじめたのはナリ心理学がきっかけのようでした(すっかり忘れてた)。
でも、 なんか内容の整合性がないというか、理論がしっかりしてないような気がして、
疲れて距離が離れてしまった感じでした。

somethingood.hatenadiary.jp

 

somethingood.hatenadiary.jp

 

somethingood.hatenadiary.jp

スピリチュアルも、なんちゃら心理学も、どちらも別にそのものは悪いものじゃないと思うんだけど、なんかドハマリすると怪しげな人間になる可能性がありそうな分野です。

例えば、別に星占い自体はかわいいものだけど、占いがないと生きていけなかったり、あらゆることの答えを占いに見出そうとすると、ちょっとおかしな人になっていくような感じ。
 
ですが、私はうすうす思っていたのですが、飽きっぽい。
新卒で就職活動したときは「私は、中・高・大と一貫して同じブラスバンドを続けてきました。継続力には自信があります。」とか言ってましたが…
そんな、学校というかなり限られた環境の中で、たまたま同じ部活をやってたからって何を言う…って今となっては思います。
だいたい、部活って始めたらやめにくいしさ…

そういった、ある意味での強制力がなくなった社会人になってからは、自分がいかに1つのことを継続する力のない人間なのかということを思い知らされたのでありました。
 
そんな持ち前(?)の飽きっぽさで、私は精神世界に惹かれつつも、まあ人生を踏み外さずにとどまることができたのだろうな、と「弾言」「決弾」を読んで思ったのでした。
 
だから、飽きっぽさと前向きに付き合っていこうと思います。
今現在で言えば、仕事に飽きています(笑)
 
1つのことを続けていける人に憧れますけどね。
でもたぶん、「別に続けようとしたつもりもないんだけど、続いちゃってた」くらいの感じが理想なんでしょうね。

たまにしか洗わない水筒の細かいところは、綿棒で掃除するとよい

水筒のパッキンとか、飲み口とストッパーとの間とか、スポンジが届かなくてあらえないという部分がある。

いつもはまあ水筒なんてお茶しか入れてないんだしそんなに汚れないだろうと思って気にしない(ことにする)のだけど、
時間が経ってくると、見た目からも茶色い汚れというのか膜というのか(バイオフィルム?)が発生していることが見て取れるようになってくる。
 
漂白したらいいという気もするけど、においが残らないように流すというのも手間。
 
100均とかで、細かい部分用のブラシを買おうかと思ったりもしたのですが、
残念ながら自分はそんなにこまめにそういった洗いにくい部分を洗うこまめな人間ではないので、ほとんど使わずに死蔵してしまう可能性が大きかった。
 
そこでふと、綿棒がいいのではないか?と思いついた。
私は耳垢がウェットな人間なので、耳掃除のために綿棒は常備しているのです。
 
綿棒で、いつも水筒の届かない部分をこすってみると…
するりと簡単に汚れが取れました!!
私のような、日頃は水筒の細部までは洗わないズボラな人間が、
ふと汚れが気になったときにのみ、綿棒を使って洗うというのは、すごくおすすめです。

「令和」以外の案を調べ上げて報道するマスコミに強い憤りを感じる

そもそも、新元号が発表される前に、どういう手順でどうやって決まるみたいな報道をしているのも、どうかなと思っていたんです。
だって、我々のような庶民には関係ない話ですもん。
庶民は、そんなこと知ったって別に何もできないし、新元号をありがたくいただく立場にあるわけです。
 
まあでもそれはいいでしょう。興味のある人もいるかもしれないので。
予想したりするのは楽しいしね。
 
そして発表された「令和」。
私は「なんて非の打ち所のない、すばらしい元号を選択してくれたのだろう」と感動し、なぜかうるっときてしまいました。(
なぜ涙…と我ながら思いましたが。)
 
しかし。
政府が公表しない、「令和」以外の案を取材で調べ上げて報道するって、ほんとどうなのよ。
漏らしたのは有識者なのか閣僚なのか。リークはほんとやめてほしいし、報道もやめてほしい。
 
報道といっても、「令和」にゆかりのある太宰府を取材するとかはわかるんですよ。
ゴールデンボンバーが新元号発表当日に「令和」って曲出したのも、なんか前向きで(前のめりで?)楽しいと思う。
 
でも、「令和」以外にどんな案があったかって…
知ってどうするわけよ?
 
官房長官も言っていました。
「令和」に決まったんだから、この元号が唯一無二の元号であり、これにのみ国民は親しめばよいのであって、
他にどんなのがあったかとか、どういう経緯で比較して選ばれたかとか、そういうことを伝えるのは不適切であると。(超意訳ですけど)

まったくもってそのとおりだと思うわけです。
 
なんだろうな、私にしては珍しく、マスコミなんてクズだ!!と思ってしまいました。
もうテレビなんか見るもんか!とも思いましたね。がっかりです。

今年の秋には、3月4月に使える春色のウルトラライトダウンジャケットをユニクロで買おうと思う。

今日は4月なのに冬なのかと思うような寒さです。
だが…関東では真冬のコートを着るのがはばかられてしまうのはなぜだろう…
陽の光だけは暖かい感じがするからでしょうか。
 
3月もそうでした。
3月になるとガチのダウンはなぁ…って思ってしまって。
 
そこで活躍したのがユニクロのライトダウンです。
私は、もう5年以上は前に買ったユニクロのライトダウンパーカーを持っていて、それが大活躍でした。

寒いときはその下に、ウルトラライトダウンベストを着込んで完璧でした。
 
ところが、先日私は、ミランダ母ちゃんさんの本を参考に、自分の1群ボトムを「ワイドパンツ」に決定したため、

 

 ライトダウンパーカーは少し着丈が長めなので、合わないんですよね。

で、3月に着丈の短いライトダウンジャケットを買おうかなと思ったんだけど。
ユニクロ、2月からすでに春服一色…
買えませんでした。
いや、厳密にいえば今でも買えるんだけど、あんまり店舗に売ってなくて、やっぱり羽織ってから着たいのですよね。
 
ということで今年の秋は絶対に、春に着られるウルトラライトダウンジャケットを買おうと心に決めたのでした。

今回こそ、朝ドラを観るのをやめようと思う。

半分、青い。」のクールが終わってから、私はこういう記事を書いた。

somethingood.hatenadiary.jp

 

要は、なんとなく観ていた朝ドラを観るのをやめたら、朝の時間が長くなったというお話。

 

しかしその後、私は「まんぷく」のあまりの面白さに、結局毎朝朝ドラを観る人間になってしまっていたのだった・・・(笑)

 

でも、「まんぷく」はとても面白かったので悔いはありません。楽しい半年間をありがとう。

半分、青い。」のときは「私の半年を返して!」って思ったのに(笑)

 

というわけで、今朝は「なつぞら」は観ません!

 

マウンテンパーカーが似合わない私が選んだ今年の春アウター

ミランダ母ちゃんさんの理論をもとに、自分のメインボトムをワイドパンツにした私。

 

 

すると、ワイドパンツに合う春のアウターがないという現実に直面しました。。

ワイドパンツには、ショート丈かロング丈、短いか長いかのどちらかのアウターが合うと思うのですが、
私はアウターは、コーディネート例にあるように前を開けて着たりはせず、前を閉めてしまうとおもうので
(だって、寒くないですか??冬のコーデでコートの前が開いてることの意味がわかりません(笑))
そうするとショート丈のほうがいいなと思い、買いに行きました。
 
今現在、ショート丈のアウターで売られているものはおおまかに以下2つです。
・マウンテンパーカー(カーキかネイビー)
・フェイクレザーのブルゾン
 
もうね、この2択です今年は(笑)
 
フェイクレザーのブルゾンは、あまり中に着られなさそうだったので、マウンテンパーカーの方向で検討していたのですが…
 
私、マウンテンパーカーが全然似合わない(笑)
作業着感満載。着られている感じがする。
私はどちらかというと華奢、ウェーブ体型なので、体型的にちょっとむずかしい。
さらに、顔はどっちかというと男っぽいので、作業着感も出てしまう。
どうにも似合わない。
 
結局、これしか似合わなかったのでした。

store.saneibd.com


素材が、コットン91%、レーヨン9%で、水洗い不可なのでちょっと今後(やっぱりクリーニングすべきか?自宅で洗濯しちゃおうかなあ。子どもが汚さないかなあ…)が心配ですが…
でも、すごくいいものが買えて満足です。
久しぶりにユニクロ・無印・GU以外の服を買いました(笑)
 
ちなみに、PROPORTIONのマウンテンパーカーは、丈が短いので、私のように普通のマウンテンパーカーだと着られている感じがしてしまう、でもマウンテンパーカーは着たい!という人にはいいと思います。

本当に「ほったらかし投資」をしている人は、年に1回は投資について考えてみたほうがよい

 ブロガーの水瀬ケンイチさんや山崎元さんの著書を参考にして、SBI証券に講座を開き、ideco・つみたてNISA・特定口座でインデックス投資をしています。

といって、まだ5年も経ってないんじゃないかなと思いますけど。

お金は寝かせて増やしなさい

お金は寝かせて増やしなさい

 

 

全面改訂 ほったらかし投資術 (朝日新書)

全面改訂 ほったらかし投資術 (朝日新書)

 

 

本当は、勝間和代さんの「お金は銀行に預けるな」を読んですぐ始めればよかったのです。

 

お金は銀行に預けるな   金融リテラシーの基本と実践 (光文社新書)

お金は銀行に預けるな 金融リテラシーの基本と実践 (光文社新書)

 

 が、やろうと思ったそのすぐあとにリーマン・ショックが起きて、初心者が始めるにはちょっと勢いを削ぐような形になってしまって始めなかったという…

むしろリーマン・ショックのときに始めてれば儲かったんだと思うんですけどね。

 

 で、「1年に1回くらいリバランスをするとよい」と世の中では言われている(?)ので、私は正月にリバランスをすることにしています。

今年はちょっと正月忙しかったので、旧正月(笑)あたりにやりました。

 

リバランスというのは、まずはじめに自分が投資対象の比率を決めて、その比率と実際の比率を、投資商品を売ったり買ったりして調整するというものなんです。

しかし、投資をはじめて4年位経つなかで、最初は特定口座だけだったものが、idecoが入り、つみたてNISAが入り…

多分当初は「比率」を決めてて、いろいろな仕組みを使う中で、その時その時でいろいろ考えたんでしょうけど、

いったいもはや、自分が何を考えてこの商品群を選んだのか、購入比率を何を考えて設定したのか、全然わからなくなっていたのでした…

まさに「ほったらかし」。ほったらかしすぎて、一体自分が何を考えていたのかわからなくなっていました(笑)

 

そこで、上の「全面改訂 ほったらかし投資術」を読み直したり、インデックスブロガーさんたちのブログを読んだりして、いろいろ勉強し直したのです。

 

すると…世界はずいぶんと変わっていました。
前にはなかったような、手数料がやすかったり全世界型だったりする商品が出ていたり(eMAXIS Slimシリーズとか、楽天VTとか。eMAXIS Slimの先進国株の去年手数料が安いなと思って乗り換えて買ってたんですが、シリーズ物とはしらなかった)、
特に、SBI証券idecoに、新プランが出ていたり!!
いやー、なんか商品の数を絞るっていうのはSBI証券から通知が来たので知ってたんですけど、新しいプランがでるなんてSBI証券は教えてくれませんでした(笑)
これらの情報を、いまさら(2019年2月)知るというあたり、インデックス投資に造詣の深い方には鼻で笑われると思います。ブログ界ではこの話題が去年秋ぐらいから大賑わい…

ほんと、ほったらかし…
さすがにほったらかしすぎだったのではないかと思いましたが…
なので、私のような本当に真正の「ほったらかしインデックス投資家」は、少なくとも年に1回はインデックス投資について思いを馳せ、周辺情報をリサーチすべきと思ったのでした。
リバランスのためではなく。。
 
さて、勉強し直した私は、投資方針(リスク資産と無リスク資産の配分、株の投資対象比率、なぜその商品を選んだかなど)を、
紙に書いて残しておくことにしました!(アナログ!)
そして、また3~5年後くらいに、自分が何を考えていたのかを、その紙を読んで思い出す予定です。
 
なお、idecoはオリジナルプランからセレクトプランへ変更することにしました。
変更届は先週出したので、3/5の締切には間に合うはず。
そんなにたくさんの資産があるわけじゃないこと、
幸い現在、全体としてはプラスの収益だったのでそんなに現金化が惜しくないことなどを加味し、
むしろ、暴落直後にSBI証券のタイミングで現金化されて資産が半分とかになるほうがいやなので、
元本保証商品にスイッチングすることにしました(さっきやった)。
 
お正月くらいに印刷していたidecoの資産内容が残っていたので見たんですけど、
このタイミングでは「損」してたんですよね。収益マイナスでした。
だから、プラン変更を年末年始に検討してたら、「損」してたかも。
なので、「ほったらかし」も悪くないかもと思いました。

ただ、損した得したっていうのも、投資してない期間の投資信託の価額の変化を追わないとわからないわけです。
私のようなほったらかしインデックス投資家は、そんなこともしないので、
こわいのはただただ、大暴落なので(笑)、
損がでてないこのタイミングで元本保証商品にスイッチングするのは、私のような人間にはいい選択だと思っています。

スイッチングは今日行いましたが、実際に売買が成立するのは1週間くらいかかるよう。
どうか、この1週間で株が大暴落しませんようにと祈るばかりです(笑)